読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
僕らの家スタッフみゆきちのブログ

田んぼを通して、『つながる』を学ぶ

「田んぼは繋がっているんだよ」

田んぼの師匠が教えてくれた言葉。

f:id:miyukichi0201:20161017145724j:plain

1の作業が、2の作業へ、そして3へ、4へ...

次へ次へと繋がっていく。

だから1つ1つの作業を丁寧にやりなさい。

1つ、雑にやってしまうと、後がどんどん大変になるんだよ。

 

その言葉がすごくすごく印象に残っていた。

里山時間の最後の田んぼでの作業は、藁撒き。

収穫した稲を脱穀しお米を取った後の藁を細かく切って、田んぼに撒いた。

 

ここにも感じる『繋がり』。

「今年できた稲の一部は、来年のお米作りのための栄養になるんだなぁ。」と感じた。

 

1年1年で途切れてしまうのではなく、次の年へ繋がっていくんだなって。

むだがないし、すごいなって思った。

 

田んぼに関わって、約1年。

関わったといっても、ほんの一部。

見てきたものも、ほんの一部。

まだまだ知らないことはたくさんある。

 

その中でも、たくさんの学びと気づきをもらった。

里山で暮らす人の知恵や工夫、昔から伝わる伝統、そして今の里山の現状。

本当に、良い経験でした。

 

本当に良い場所に出逢えたなぁと思う。

また帰りたいなって思う。それもまた、繋がり。

 

まだまだ、やってみたいこと、関われることもたくさんあるなぁって思います(^^)

里山時間は、また来年も。さらにパワーアップして開催していきます!

ぜひぜひ、これからもよろしくお願いします(^^)